短い秋を探して(岩手県・平泉)

おでかけ

気付けば師走。みちのくでは雪が降りはじめ、今年も冬がやってきました。

雪景色も素敵なのですが、そのちょっと前に短い秋を探しに岩手県・平泉に行ってきました。

金色堂の裏手の木々も色付いていました

目指すは世界遺産として有名な中尊寺。ちょうど紅葉の盛りでもあったので、混雑を避けるために早朝から移動開始。

おかげで8時前に現地に到着し、人気のない境内を堪能することができました。

いつもは参拝に訪れる人々でごった返す境内も朝は静寂が包み込んでいました

弁財堂が浮かぶ水面にも紅葉が映えます

こちらは境内の片隅には消防団の詰所。ダットサン製のレトロな消防車がいい味を出してました。隣にあるスーパーカブも似合ってますね。

レトロ空間におけるスーパーカブのフィット感、ハンパない

お昼ご飯は「そば処義家」にて。わんこ蕎麦が有名ですけど、たくさん食べられる気がしなかったので、今回は茶蕎麦と天ぷらのセットです。

蕎麦屋さんの天ぷら、美味しいよね!

茶蕎麦からはしっかりとお茶の風味が感じられました。また、山菜の小鉢が素朴な一皿でおいしかったです。

ランチの後は平泉地区を周遊しているバスで移動しました。

何気ない日常の一コマもドラマチックに写せるのが単焦点レンズの魅力だと思います

向かった先は毛越寺

毛越寺 本堂の裏手にあるモミジが真っ赤になっていました

こちらも中尊寺と同じく世界遺産に登録されていますが、少しマイナーなスポット。広々とした庭園でのんびりと過ごすことができました。

今回はおみくじを引かなかったなぁ~

来年の紅葉はどこに行こうかな?なんて今から考えるのは早すぎるでしょうか?

ではでは…

コメント

スポンサーリンク